【スロージョギングダイエット】8つの効果で人生が変わる40代男性がどう変わったか?

脱メタボ

痩せたい人
痩せたい人

最近太ってきたしお腹も出てきた。
ジョギング始めたいけど、最近よく聞くスロージョギングって何?
スローで本当にやせるの?

こんなお悩みにお答えします。

 本記事の内容

スロージョギングとは何か?
・スロージョギングの効果8選
・40代メタボこそスロージョギングを続けるべき

 本記事の信頼性

たわー
たわー

✅ ポジティブタワーブログ 管理人
✅ 41歳メタボ、スロージョギングを8カ月継続中。
✅ ウエスト96cm➡89cm マイナス7cm達成。

スロージョギングとは何か?

スロージョギングとは・・・

時速8kmほどで走るジョギングのことです。

感覚的に伝えるなら、「歩く」と「走る」の境目。

ウォーキングで「これ以上は速く走れない!」という速度まで徐々に上げて、そのスピード感をキープしつつ走ります。

ジョグやクールダウンのペースと覚えておきましょう。

【スロージョギングダイエット】の効果8選

「スロー」だからこそ得られる、スロージョギングには8つの効果があります。

スロージョギング・効果8選

❶ カロリー消費はウォーキングの2倍
❷ ウォーキングより時間効率が良い
❸ 長期間、継続しやすい
❹ ケガをしにくい
❺ マラソン嫌い、運動嫌いでも始められる
❻ 「ストレスで仕事がはかどらない」を解決する
❼ よく眠れるようになる
❽ 「毎日にやる気が出ない」を解決する

カロリー消費はウォーキングの2倍

速度が同じでも、同じ距離を移動すれば、消費カロリーはウォーキングの2倍になります。

スローでも、「両足が地面から離れる瞬間がある」運動だから、「両足が地面から離れない」ウォーキングよりも消費カロリーは高くなるんです。

体についた余分な脂肪を落とすには、1日200~300kcalの消費が必要です。

ウォーキングなら、7km~10km/日 必要なところ、スロージョギングなら、3.5km~5km/日 で、達成できます。

ウォーキングより時間効率が良い

時間が何よりも貴重な「働き盛りの40代」にとって、効率の良さはとても大切です。

どうせ同じ時間運動するのなら、効率の良いスロージョギングに切り替えるべきです。

ウォーキングで効果がイマイチと悩んでいる方は、効果の違いにきっとびっくりしますよ。

長期間、継続しやすい

走るスピードはダイエットに関係ありません。

それなら、楽な方が絶対継続できますよね?

ゆっくりでいいので、距離にこだわる。

それを長く続けることが脱メタボの近道になります。

● 1km走る      ➡ 体重1kgあたり1kcalの消費。

● 体についた脂肪1kg ➡ 7200kcal を保っている。

たわー
たわー

これをふまえて自分にあてはめると・・・

体重87kgの自分が1kg減量するには・・・?

7200÷87=82.7km走る必要あり。

これを1カ月(30日)で減らすには・・・

82.7÷30=1日に2.75km走ればOK。

となります。

体重が重い方が、少ない走行距離で体脂肪は減っていきます。

体脂肪が1kg落ちると、ウエストもだいたい1cm縮む」、も覚えておきましょう。

半年でウエストを10cm縮めたいなら、体脂肪を10kg落とす必要があります。

(7200÷87)×10=827.6km走る必要。

これを半年(6カ月)で減らすには・・・

827.6÷6=137.9km(1カ月あたり)

137.9÷30=4.6km(1日あたり)走る必要

・・・となります。

1カ月あたり、1日あたりに落とし込み計画的に無理なく走ることが、スロージョギングを継続できるポイントですよ。

ケガをしにくい

スロージョギングは通常のジョギングに比べて疲れにくく、足や体にかかる負荷も小さいです。

その結果、ランナーに多い足首・ひざ・腰の故障がとても少なくなります。

それだけでなく、普段座りっぱなしで痛めた腰や背筋、肩を矯正する効果も期待できます。

「故障がないからこそ続けられる」のが一番のメリットですね。

マラソン嫌い、運動嫌いでも始められる

痩せたい人
痩せたい人

昔、マラソンしてたけど足や腰を痛めてもうこりごりだよ。

痩せたい人
痩せたい人

運動が子供のころから大嫌いで・・・
ジョギングなんて考えられない。

こんな人でも大丈夫!

スロージョギングは誰にでも始めることができ、誰にでも継続できる走り方なんです。

必要なのは「始めよう」という気持ちと、「走る時間」をつくる工夫。

それさえあれば、だれでもスロージョギングを楽しむことができます。

「ストレスで仕事がはかどらない」を解決する

仕事をしていれば、いやな上司や同僚、客の一人や二人はいるものですよね?

「もう会社に行きたくない」と思ってしまうこともあるでしょう。

ストレスを感じたときには、「仕事がはかどらない」以外にも・・・

イライラ・機嫌が悪い・集中できない・ダルイ・疲れやすい・・・などいろいろな変化が起きます。

もっとひどくなると、頭痛・動悸・めまい・肩こり・食欲不振・便秘・下痢など肉体的にも衰弱していきます。

そこで「スロージョギング」です。

「走る」という行動が脳や神経の緊張をほぐし、自律神経の乱れを落ち着ける効果が期待できるんです。

私個人の話ですが、8年前不安神経症と診断され抗不安薬を服用してきました。

スロージョギングはじめて6カ月で、服用をやめることに成功しています。

完治したとは思いませんが、今日現在飲まなくても毎日を暮らせているのはスロージョギングのおかげだと思っています。

よく眠れるようになる

夜なかなか寝付けない、眠ってもすぐに目が覚める人はスロージョギングがおすすめです。

運動で交感神経を活性化すると、体の中の調整機能が発揮されます。

すると運動後、副交感神経(眠るときに働く自律神経)を活性化することにつながり、眠りやすい状態になります。

7時間睡眠を目指して、今日からスロージョギング取り組んでみましょう。

「毎日にやる気がでない」を解決する

脳には【報酬系】と呼ばれる仕組みがあります。

物事がうまくいったという達成感や、ほめられたという喜びを味わうためらなら、人はつらい勉強やトレーニングも続けることができます。

だから、「毎日にやる気が出ない」、「何事にも腰が重い」、という人は【報酬系】を活発にするべきです。

では、どうやって【報酬系】を活発にするのか?

答えは・・・

「走るだけ」でいいのです。

何かを達成しなくても、ただ走るだけでドーパミンを放出します。

習慣的に走ることで、仕事でもなんでもやる気の出やすい脳になるのです。

また、スロージョギングを続けていくと、自分が想像もしていなかった長距離を走れるようになったり、今まで全然減らなかった体重が減ったりします。

できると思っていなかったことの成功」は、報酬系を活性化させ、自分への自信にもつながります。

これが、「スロージョギングで人生がかわる」と言った理由です。

40代メタボこそ「スロージョギング」を続けるべき

スロージョギング・効果8選

❶ カロリー消費はウォーキングの2倍
❷ ウォーキングより時間効率が良い
❸ 長期間、継続しやすい
❹ ケガをしにくい
❺ マラソン嫌い、運動嫌いでも始められる
❻ 「ストレスで仕事がはかどらない」を解決する
❼ よく眠れるようになる
❽ 「毎日にやる気が出ない」を解決する

40代は仕事で時間がないので、効率の良い運動が必要です。

でも、きついと三日坊主で続きません。

効率の良さ、しんどすぎない、結果の出やすさ、ちょうどいいのが「スロージョギング」なんです。

みなさんも、だまされたと思って一度始めてみてはいかがですか?

お金もかからないし、メリットしかありませんよ!!

※ 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。少しでもお役に立てればうれしいです。


たわー

サラリーマンのtowerです。読んで頂ける方の毎日を、「少しでもポジティブに」できるようなブログにしていきたいです。モットーは「人生は有限・可能性は無限」よろしくお願いします。

たわーをフォローする
脱メタボ
たわーをフォローする
ブログ管理人
たわー

サラリーマンのtowerです。読んで頂ける方の毎日を、「少しでもポジティブに」できるようなブログにしていきたいです。モットーは「人生は有限・可能性は無限」よろしくお願いします。

たわーをフォローする
ポジティブタワーブログ
タイトルとURLをコピーしました