サラリーマンにとって自己肯定感とは何でしょう?

マインドセット&書籍

 

自己肯定感とは「ありのままの自分を受け入れること」です。
「こうならないと」も必要ですが、「今のままの自分でいいんだ」という考え方。

 

僕は営業マンです。

同僚はもう新商品売ってきたのか。
もっと努力して、得意先に認められて。もっと結果を出さないと・・・。

日々こういう気持ちに支配されること多いです。

自己成長のためには絶対に必要な気持ちですよね。

ただ、「勝ち負けにこだわだりすぎる」「他人と自分を比較しすぎる」人は
自己肯定感が低いようです。

他人と比較しすぎると劣等感を感じる頻度が多くなるからです。
そうすると、他人と比べて優越感を得ない限り満たされなくなります。

難しいところですよね。

会社は他者大勢と比較して僕に評価を下します。
僕は会社に認められるため結果を出そうと努力します。
ですが結果はなかなかでません。同僚はどんどん結果を出します。

こういう場合どう見ても会社はよく売る同僚を評価するわけですから、
僕は劣等感に苛まれますよね。普通。

ですが、もう一度考えてみてください。

たしかに「会社の評価」を受け入れて「自分を顧みる」ことは大事です。

でも劣等感に苛まれるということは他人と自分を比較しすぎている。
他人と比較しすぎているということは他人の目を気にしすぎている。
イコール自分の承認欲求を満たすことに必死になりすぎているんです。

じゃあどうすればいいのか?

それは「自分自身の評価基準」をつくること。
何か1個でもいいので、自分で考えて自分だけのこだわりを持って取り組む。
そこで自分基準の結果が出る。自信につながる。自己肯定感もあがる。

僕はこれじゃないかと最近思います。

サラリーマンですから会社が求める結果は出しつつ、
自分自身のこだわりを持って日々の仕事に取り組む。
そうすると、ポジティブになれます。
ポジティブになれば日々の仕事全体に波及していきます。

いい流れができていきます。

このサイクルをうまくまわしていく。

今回はサラリーマンとしての話でしたが、結局仕事以外でも一緒ですよね。

人から認められることはとても嬉しいですが、それだけになってはしんどいということ。

人生観は人それぞれだと思いますが・・・・自分自身の幸せ基準。大事だと思います。

日本人の生産性は低い?まだ間に合う中年サラリーマン成功への第一歩

※ 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たわー

サラリーマンのtowerです。読んで頂ける方の毎日を、「少しでもポジティブに」できるようなブログにしていきたいです。モットーは「人生は有限・可能性は無限」よろしくお願いします。

たわーをフォローする
マインドセット&書籍
たわーをフォローする
ブログ管理人
たわー

サラリーマンのtowerです。読んで頂ける方の毎日を、「少しでもポジティブに」できるようなブログにしていきたいです。モットーは「人生は有限・可能性は無限」よろしくお願いします。

たわーをフォローする
ポジティブタワーブログ
タイトルとURLをコピーしました