「すぐやる人」が成功できる?考え方より行動を先に変えるべき3つの理由

マインドセット&書籍

みなさん、こんにちは。たわーです。

やらないといけないのに、「先延ばし」してしまうことって、よくありますよね?

 

すぐに行動できれば、今ごろ「理想の自分」になれているよ。でも、考え方を根本的に変えられないと何も始まらないんだ。

そんなことはありません。「考え方」より「ちょっとした行動」を変えるんです。そうすればすべてが変わっていきますよ!

 

 

今回は塚本亮さんの書籍【すぐやる力】から、「考え方」ではなく「行動」を先に変えるべき3つの理由をお伝えします。

それは・・・

① 「考え方」を変えるといっても何をどう変えればいいかわからない。

② 計画を重視しすぎず、とりあえずやってみることで物事は動き出す。

③ 行動が変われば心が変わる。

の、3つです。

この記事を読むことで、「すぐできない」「先延ばししてしまう」人の【行動力が一気に上がるヒント】が手に入ります。

それでは、行動を先に変えるべき3つの理由を順に見ていきましょう!

「考え方」を変えるといっても何をどう変えればいいのか分からない

自分からも他人からも、こんな言葉を受けることってありますよね?

「自分を変えないと!」

「考え方を変えないとダメだよ。とにかく変わってくれ!」

言ってる雰囲気はわかるけど、何をどう変えるの?

こういう経験みなさんもあると思います。

結局、頭の中だけで「考え方」を変えようとしてもよくわからない。
そうすると焦りばかりが出てきて自分を追いつめることになってしまう。

だからこそ、「考え方」より「ちょっとした行動」を変えるべきなんですね。

計画を重視しすぎず、とりあえずやってみる

日本人はPDCAのうちP(計画)を重視しすぎる人が多いようです。

完璧な計画を作ろうとすればするほど、「先延ばし」が正当化されたり「実行」までいきません。

本末転倒ですよね。

何も実行していないので何も始まっていません。

ビジネスでも個人でも、重要なのはPDCAのサイクルを回すこと。

完璧な計画などありえないと割り切って考えましょう。

作業の手順がわからないなら、分からないなりに試行錯誤して手を動かしてみる。

うまくいかなければ立ち戻って別の方法をためしてみる。

これを繰り返すことで、いつか有効な手順が見つかるのです。

「実行」しながら「修正」していくことが大事なんですね!

行動が変われば心が変わる

 

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わり・・・」

一度は聞いたことありますよね?

でもこれ、逆なんです。

「行動を変えれば心も変わる」が最初!!

心なんて正体不明なものです。何をどう変えればいいかよくわかりません。

でも行動なら、簡単に変えられますよね。

10分だけ読書する、3分だけ筋トレする、15分だけウォーキングする・・・。

別に正解である必要はありません。とりあえず動いてみれば、失敗も含めて経験になる。

その結果、ちょっとした成果でも得られれば、自信につながる。

つまり「心が変わる」んです。

だからこそ、「すぐやる」ことが大事。

自然に動き出すように仕向けて、いつの間にか意識が変わり、自分自身が変わっていく。

やっぱりすべては「すぐやる力」があるかどうかなんですね。

それでは次に、「すぐやる力」をつけるため「行動力をあげるための技術」を見ていきましょう。

「すぐやる」ための技術9選

「イヤな予定」は「楽しみな予定」と組み合わせる。

「To Do リスト」は当日の出社後ではなく、前日の退社前に書く

毎日帰宅後にカバンの中身を整理する(すべて取り出していったん空っぽにしてから明日の仕事に必要なものだけ入れ直す)。

今日自分は何をしたのかノートに記録する(仕事でもプライベートでも)。

目標が全てではない。目標を立てずにまず一歩を踏み出す方が有意義だと知る。

スマホなどの誘惑には勝てないとあきらめて、最初から接触しないように工夫する。

うまく行かないならギリギリまでハードルを下げる。

自分にスイッチを入れるメモを心がける(例えば、何か調べものをするときすぐにスマホに手をのばすのではなく、「~について調べる」とメモをする)。

・「5分だけ余計なことを考えず、集中してやってみよう」と決める。

以上が、僕が大事だと感じた「すぐやる力」をつけるための技術9選です。

ここでは、それぞれについて説明はしません。

気になる方は書籍「すぐやる力 自然に動き出す自分に変わる!」をお買い求めください。

いろいろな技術はありますが、結局は本人が「すぐやる」か「やらないか」です。

何事も自分次第なのだと、肝に銘じておきましょう!

 

まとめ 考え方」ではなく「行動」を先に変えるべき3つの理由 

① 「考え方」を変えるといっても何をどう変えればいいかわからない。

② 計画を重視しすぎず、とりあえずやってみることで物事は動き出す。

③ 行動が変われば心が変わる。

 

以上が、「考え方」より「行動」を変えるべき3つの理由です。

人は、すぐ動くことによって「成長を実感」できれば、自己効力感は高まり感情をポジティブに保てます。

自分の時間の多くを「すぐやる」に変換できれば、当たり前のようにあなたの人生はすばらしいものに変わっていきますよ。

塚本亮さんの書籍「すぐやる力 自然に動き出す自分に変わる!」、一度手に取って読んでみてください。

※ 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

40代からの成功は可能?成功者のルーティン・一日のスケジュール【時間割仕事術】

 

 

 

 

たわー

サラリーマンのtowerです。読んで頂ける方の毎日を、「少しでもポジティブに」できるようなブログにしていきたいです。モットーは「人生は有限・可能性は無限」よろしくお願いします。

たわーをフォローする
マインドセット&書籍
たわーをフォローする
ブログ管理人
たわー

サラリーマンのtowerです。読んで頂ける方の毎日を、「少しでもポジティブに」できるようなブログにしていきたいです。モットーは「人生は有限・可能性は無限」よろしくお願いします。

たわーをフォローする
ポジティブタワーブログ
タイトルとURLをコピーしました